生徒の活躍

生徒の活躍

第106回全国高等学校野球選手権群馬大会第1回戦

第106回全国高等学校野球選手権群馬大会第1回戦
  7月7日(日)第1試合
  上毛新聞敷島球場にて  対 高崎東高等学校


 両校ともに塁に出るものの、あと一打が出ず8回まで0対0で進み、緊迫した試合となりました。9回表に高崎東高校が3塁まで進みピンチとなりましたがしっかり抑え、9回裏、萩原さんのヒットで1塁ランナーの荒巻さんがホームを踏み、1対0で劇的なサヨナラ勝利となりました。
 野球部員とともに、応援していた吹奏楽部、生徒会、応援生徒、保護者の方々も一緒に校歌を歌い、敷島球場に響き渡りました。

第2回戦が下記のとおり行われますので、応援をお願いします。
  7月13日(土)第1試合(9時試合開始予定) 
小倉クラッチ・スタジアムにて  対 高崎商業高校

第1回 となりん家 ロゴマーク・キャラクターコンクール 入賞

第1回 となりん家 ロゴマーク・キャラクターコンクール

ロゴマーク部門 最優秀賞 3年 倉澤 栞那 さん

 

ロゴマーク部門 優秀賞 3年 竹内 蓮 さん

 

ロゴマーク部門 優秀賞 3年 黒﨑 萌菜 さん

 

キャラクター部門 最優秀賞 3年 堀口 紗希 さん

 

 

キャラクター部門 優秀賞 3年 星河 紗英 さん

 

 

キャラクター部門 優秀賞 3年 片倉 柚夏 さん

小野池あじさい公園 あじさいまつり2024

6月15日(土)~7月7日(日)

 イラストアニメ部が絵付けした風鈴が、あじさいまつり2024会場に展示されました。

 渋川市の児童が短冊に願い事を書き、その願いからインスピレーションを得て、イラストアニメ部の部員が風鈴に絵付けを行いました。会場は、短冊を結んだ風鈴の音色や小川のせせらぎ、きれいに咲いたアジサイなど、子供から大人まで楽しめる内容になっています。ぜひ足をお運びください。

第1回 株式会社 伊香保グリーン牧場 ロゴマーク・キャラクターコンクール

第1回 株式会社 伊香保グリーン牧場 ロゴマーク・キャラクターコンクール

※ロゴマーク部門

○最優秀賞 令和5年度2年 村岡 光美 さん

○優秀賞 令和5年度 3年 坂才 雅 さん

 

○優秀賞 令和5年度 3年 小渕 銀太 さん

 

※キャラクター部門

○最優秀賞 令和5年度 2年 村岡 光美 さん

 

○優秀賞 令和5年度 2年 吉野 久哉 さん

 

令和6年度 全国高等学校総合体育大会サッカー競技群馬県予選

6月1日(土)2回戦第1試合

渋川総合運動公園にて 対 樹徳高等学校

 渋川青翠 ― 樹徳

  2  ―  0

前半(0 ― 2)

後半(0 ― 0)

6月2日(日)3回戦第2試合

高崎経済大学附属高等学校第2グラウンドにて 対 沼田高等学校

 渋川青翠 ― 沼田

  1  ―  1

PK (3 ― 4)

 

前半(0 ― 1)

後半(1 ― 0)

ex1(0 ― 0)

ex2(0 ― 0)

 2回戦を制し、3回戦は勝てば初のベスト16というところまで行きましたが、あと1点が遠くPK戦の末、敗退となりました。

悔しい気持ちを良い経験としてとらえ、選手権に向けて気持ちを新たに頑張っていきたいと思います。

応援や運営に携わってくださった皆様、ありがとうございました!

令和6年度 全国高等学校総合体育大会サッカー競技群馬県予選 1回戦

5月25日(土)第1試合

坂東橋緑地公園にて 対 桐生工業高等学校

 渋川青翠 ― 桐生工業

  2  ―  2

前半(0 ― 0)

後半(2 ― 2)

P   K(4 ― 3)

 

県総体に続きPK戦となりましたが、4人全員が確実に決めてくれました。

2回戦は6/1(土)に渋川総合公園陸上競技場で樹徳高等学校と対戦(9:30~)、勝てば6/2(日)に高経附第2グラウンドで太田高等学校と沼田高等学校の勝者と対戦予定(12:30~)です。

応援よろしくお願いします!

 

第59回群馬県高等学校総合体育大会サッカー競技兼関東予選1回戦

4月27日(土)第2試合

渋川工業高校にて 対 東京農業大学第二高等学校

 

渋川青翠 ― 農大二   

  2  ―  2

前半( 0 ― 1 )

後半( 2 ― 1 )

P  K ( 6 ― 7 )

  新人戦で勝利した相手に惜しくも敗戦となりました。インターハイ予選に向けて気持ちを新たに頑張りますので、応援よろしくお願いします。

「介護職員初任者研修」開講式 

 5月7日(火)に「介護職員初任者研修」開講式が行われました。

  校長先生より、「日本の高齢化の現状を踏まえ、今後ますます介護職に多くの人が従事する必要があることや、資格を取得することで自分自身の未来が拓けるようになること」また、「本校の教員だけでなく、5つの事業所から来校される外部講師の方や現場実習でお世話になる多くの方々に感謝し、しっかりと取り組んでもらいたい」とチャレンジする生徒たちへ応援する言葉をいただきました。

その後、受講生を代表して3年1組の内藤さんが、「全員が資格取得できるよう頑張りたい」と決意表明を行いました。

  今年度は3年生11名が、来年1月まで講義や福祉施設での実習など148時間の研修を受講し、資格取得を目指します。